2018年4月13日 (金)

第125回(後編)

note本日の担当:高橋 静香(教務・学生課/実習助手)



最後のお店は代々木八幡駅から歩いて5分。

大きなガラス窓が印象的なお店。

レジの横には美味しそうなパンが並んでいる。

まさにインスタ映えだ。

3

ここではエアロプレスで淹れたコーヒーを注文した。

独特の苦みがまるでない飲みやすいコーヒーだ。

4

まだ時間もあるし、もう少しゆっくりしよう。

友人にこれだけは飲んでおけとすすめられたエスプレッソも頼んでみた。

5

口に含んだ瞬間、思わず身震い。すごい酸味だ。

さっきのフルーティーなものとはまるで別物。

私にはまだ早かったようだ。

もう少し大人になってからまた飲みに来よう。

お店の中を見渡すと、外国の方ばかり。

パソコンを開き仕事をしている人、ベンチに座り談笑している人、

モデルのようなスタイルのカップル。

ここは本当に日本?

まるで外国にいるよう。さすが東京。


今回の旅、友人のおかげでたいへん有意義なものとなった。

よし、コーヒー豆も手に入れたし、友人の家に行こう。

自分では淹れられない。



«第125回(前編)